CoTO no HA guSa -コトノハグサ-//「コトバによる表現」 という意味のこのブログで ワタシの徒然なる毎日を **
--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/25 (Tue) 旅のおもひで8 -Queenstown 後編-

クィーンズタウン二日目は



念願のバンジージャンプ!!!


しかーーーし!



この一ヶ月にも及ぶバックパッカーっていうのは、慣れてないこともあり

二人旅の微妙なストレスもあり

人生で味わったことのない船酔いもあり

気温が極端に違う地域に一日で移動しなくてはいけない事もあり



ここにきて


朝からグロッキー状態。



なんていうか



「まほ、今日買い物でも行こうよ!」

「行きたいけど、ちょっと風邪っぽいから家でゆっくりしてるよ。」



という気分。あっ、もちろん家でゆっくりしてたい方ね。



そうだった。

その日の朝は、結構しんどかった。



いや、軽く熱はあった。


バンジーやったら、飛んだ瞬間に吐いてしまいそうな気分の悪さ。


でも、ここで諦めたら

せっかくここまで来た意味がなーーーい。



こりゃ行くしかない!!



というわけで、


カワラウブリッジから飛ぶ43メートルのバンジーにエントリー!




これは、バンジーが商業化した世界で最初のバンジー。


初心者向けの43メートル。



IMG_3367_convert_20090825173020.jpg
とにかく絶景!!





順番待ちをしてる時、前に並んでいた若者達に



「目は開けておけよ。まじ綺麗だから。」


と念を押され



順番が来た!!



IMG_3370_convert_20090825173447.jpg


見えるかなー!!真ん中に立ってるのは私です。

背後にブルーのTシャツの係員さんがいます。




ここまで来るとテンションが



飛んだ!!!



IMG_3371_convert_20090825173851.jpg



華麗なるスワンダイブ。って、スワンになってないけど。


私は「飛び込んだ」っていう感じ。


友達は「落ちていった」って感じ。



なんていうか、ビルから飛び落ちるって、こんな感じかな・・・っていうゾワゾワ間。


ちゃんと、目も開けていたけど、


とにかく景色も


「落ちていく」感じ。


だんだん水に近付いて・・・・




約3秒くらい落ちた後、





IMG_3372_convert_20090825174217.jpg



こんな感じにぷらーんぷらーんして

あっ、紐が回転しすぎて、ぐるぐる回ってたかも・・・・



IMG_3375_convert_20090825174433.jpg


ボートで助けられ・・・・


IMG_3376_convert_20090825175055.jpg


自力で上まで戻る。



やり終えた時は、体調の悪さは吹き飛んでいたのに



数分たって、やべ・・・気持悪り・・・・





記念に撮った「やったどーーー!!!」の写真も


実は唇が真っ青だったりするのだ(笑



そして、バンジーならではのトイレのサイン。

IMG_3366_convert_20090825172858.jpg



その日の夜は、発熱でダルいのなんの。

外に出て遊ぶことも出来ずに、とにかく寝るだけの最終日でした・・・



次は、とにかく綺麗な湖があるワナカに行くよ!

パズリングワールドで大騒ぎ!



ブログランキングに参加中♪
自分が飛んだバンジーのDVDがあるよ!見たい人はうちにおいで!


blogram投票ボタン
↑↑↑クリックお願いします!

working holiday -南島旅行記- | trackback(0) | comment(0) |


2009/07/30 (Thu) 旅のおもひで7 - Queenstown 前編-

なんだか 更新をさぼる 日が空くと


ニュージーランドで生活してた事も

一ヶ月旅行をしてた事も


遠い昔の記憶になっていくようだ・・・


まだ去年の話なのに・・・


と少し寂しくなりながら、旅行記に戻りまーーす。



ダニーデンの次にクイーンズタウンに来たのは


旅を始めて9日目。


クイーンズタウンは少し長めの滞在予定。

といっても、3日間だけど。



というのも、ダニーデンからクイーンズタウンまで、バスで5時間以上もかかりやがる。

一日目はほぼ移動だったわけで。


なので、着いてからも特に何も出来ず。



二日目は、これまた移動が往復10時間もかかりやがる


ミルフォードサウンドへ出発!




でも




この「クイーンズタウンからミルフォードサウンド」までの景色は


絶景と有名!!



それゆえ、バスもいちいち止めて散策を強要してくるし

写真を撮ってこい!もったいないぞ!って強要されるし


だから片道5時間以上もかかっちまうんだけども




飽きるほどの とにかくすばらしい絶景ばかり!!

IMG_3315_convert_20090730101611.jpg
鏡のように写る湖



IMG_332.jpg
「光ものは俺のもの!!」という鳥さん。名前忘れた。



IMG_3359_convert_20090730103353.jpg
景色をみて「息を飲んだ」のはこれが初めてでした。



IMG_3354_convert_20090730103316.jpg
海も空も青い。とにかく広大。



IMG_3364_convert_20090730103653.jpg
雲の隙間に神を見た。って感じ。ほとんど車内から撮ったけど、よく撮れてる。




そして、ミルフォードサウンドへ到着。



ミルフォードサウンドっていうのは、フィヨルドランド国立公園にあるフィヨルドのひとつ。

切り立つ山々に挟まれた狭い入江を遊覧船でクルーズするっていうツアーね。




私達は、こんなクルーザーに乗って出発。

IMG_3330_convert_20090730104337.jpg



季節の関係で、天気はあんまり良くなかったけど



IMG_3331_convert_20090730104536.jpg


雨の後に湧き出る霧が神秘的。



IMG_3343_convert_20090730105525.jpg


思わず、水墨画みたい、と言ってしまう表現力の無さ(涙


IMG_3338_convert_20090730110918.jpg


この旅行中、散々見た「アザラシの群れ」
正直、飽きたよねーと言ってしまいつつ、体が勝手に写真をとっていた。



IMG_3349_convert_20090730112724.jpg


そして、迫力の滝!

外に出てくださーーい!素敵な景色がみれまーす!といわれて出てみたら

滝に打たれる寸前!!!

子供達は喜んでびしょぬれ。大人達はカメラを死守!!




恐れていた船酔いはそこまでひどくなかったけど

この水に打たれつつ、前回のアニマルツアーでの寒さで

私の体はかなりのピークに。


ええ、風邪をひきました。




明日はバンジーの日、無事に飛べるでしょうか・・・・

乞うご期待!!!





ブログランキングに参加中♪
クイーンズタウンは、意外と小さいよ、という事で

blogram投票ボタン
↑↑↑クリックお願いします!


working holiday -南島旅行記- | trackback(0) | comment(2) |


2009/06/25 (Thu) 旅のおもひで 6 -Dunedin 後編-

前回の続き、ダニーデンで野生の動物に出会っちゃいます!


私達が参加したツアーは


ELM WILDLIFE TOURS


中心地からバスで何時間だろ?一時間近くはゆられたかな?


ちょっと覚えてないけどね。へへ。



そこで見れる代表的な動物は


ロイヤルアルバトロス

っていう、世界最大の海鳥や


ニュージーランドシーライオン(フッカーシーライオン)


とか、(シーライオンって、日本語でアシカね。)


イエローアイドペンギン

に、(名前の通り、目の周りが黄色いの。)


ブルーペンギン

(前回、オアマルで泊まったバックパッカーの駐車場にいた、世界最小のペンギン。)


そして


ニュージーランドファーシール

(シールは、日本語でアザラシね。)



最初に、巨大な鳥、アルバトロスの生息する絶壁へ。

IMG_3275_convert_20090625152904.jpg

左に見える絶壁の、かすかにみえる灯台の付近に、巣があるとのこと。



待つこと数分。



来たーーー!!!

IMG_3277_convert_20090625153550.jpg


かなり大きい鳥でも、私達には豆粒くらいにしか見ることはできなかったけど

それでも、


ありゃ、でかいな!を実感。


しかも、アルバトロス氏、体が巨大すぎるため、風の力を使って飛んでいるそう。


なので、風が弱いと


巣に帰れない!!



残念ながら、風が弱く、何度も何度も巣の周りを旋回する姿が



雄大かつ、せつない。



ちなみに、そんなアルバトロス氏の巣に遊びに行けたのは


後にも先にも


イギリスのチャールズ皇太子


だけなんだとか。


お茶でも出したのか、アルバトロス氏よ。

英国紳士、さぞお茶にはうるさかっただろう・・・・



なんつて。




そして、場所を海に移し・・・


今回の旅で、なんども遭遇するアザラシ・・・・


かと思いきや、


これはフッカーシーライオン、つまりアシカ君!!

IMG_3281_convert_20090625154731.jpg
ふつーーに寝ております。


そう、いつも遭遇してた、アザラシ君ではなく、アシカ君。


違いなんて、さっぱり分からないのだけど、名前が違うから、違う種なんだよな・・・きっと。



しかも、このツアーでは、


野生動物なのに、2メートルくらいも近付けちゃうんです!


もちろん、あいては野生。危害を与えれば、襲ってきますが。



ツアー客の中の、目立ちたがりやな外国人たちは

1メートル、いや50センチくらい近付いて写真を撮ってたような。



ただ、寝てる相手だもん。

私もやっときゃ良かった。



IMG_3289_convert_20090625155157.jpg
男同士だそうだ・・・・


む、無防備すぎる・・・

巨大な海草を枕にしてやがる・・・・




そして、高台に移り、巣に帰るペンギンちゃん達を観察!


と、途中いきなり遭遇!!


IMG_3278_convert_20090625160210.jpg

わかるかなー

真ん中の辺りのグレーな物体!



上を見上げるペンギンちゃんです!!





でもこれは、たまたまペンギンを観察するための小屋に向かう途中で


偶然撮れたもの。


実際は、かなーーーり遠くから、望遠鏡を使って観察するの。



なんせ、臆病だから。



しかも、驚いた事に


ここのペンギンの巣は


海に面している、こんな感じの所にあり


IMG_3285_convert_20090625160734.jpg

ここにも、3匹白い物体が見えるでしょうか??


海から上がって、何十分もかけて、羊と同じ敷地内の

こういう丘に登っていくんだよーー。




その姿がかわいいの、なんのって。



まっ、カメラの望遠がイマイチで、これが限界の大きさなんだけど。



高台に巣を作るのも、敵から身を守るためなんだなー。



で、宿敵はこいつら。


IMG_3283_convert_20090625161152.jpg


彼らが寝てる、何十メートルも向こうで


せっせと丘に登って、巣に帰るわけです・・・・



そして、またさらに奥へっと進み・・・


こんな羊達の合間をぬって・・・


IMG_3294_convert_20090625161456.jpg

余談ですが・・・・

写真では分からないけど、ものすごい量の糞が落ちてるから

歩くのが本当に大変だった!!!



いざアザラシのコロニーへ!!


IMG_3301_convert_20090625161827.jpg

この写真の中に、すでに5匹いるけど、見つけられるかな??


ここのアザラシは、少々凶暴のようで

残念ながら近付くことはできなかったけど


それはそれは、大量発生か!!!ってくらいな数!


なにぶん、岩の色と同化してしまうので、写真ではお見せできないけど


肉眼で見える距離での、あの大量なアザラシは


まるで、プラネットアースのよう! 

違うか!




そんな、たくさんの野生動物が見れたこのツアーの


唯一の難点は


海沿いで、激寒!

友達は見事に発熱し、私の中でくすぶってた「体調の悪さ」も徐々に悪化していきます・・・・



でも、このツアーの帰り道


IMG_3305_convert_20090625162638.jpg


虹の始まりを見ました!



次は、Queenstownでバンジーやっちゃうよ!!
ミルフォードサウンドも行っちゃうよ!の巻き!



ブログランキングに参加中♪
旅行記を沢山の人に読んで欲しい!ので

↑↑↑クリックお願いします!


working holiday -南島旅行記- | trackback(0) | comment(2) |


2009/06/18 (Thu) 旅のおもひで 5 -Dunedin 前編-

前回のオアマルのように、昔ながらの建物を残すダニーデン。


IMG_3223_convert_20090617170304.jpg
町を歩くと、こんなのにすぐぶつかります・・・


IMG_3230_convert_20090617170453.jpg
i site(観光情報局?みたいな?)だって、ご覧の通り。


まず、ダニーデンっていったら

カドバリーのチョコレート工場
スペイツのビール工場

という二大工場見学でしょう!!


それに、都心部から少し離れると、

オタゴ半島に住む野生の動物達を観察できるツアーなんかもあり

オークランド、ウエリントン同様に栄える都心部だけれど、街中で遊ぶ必要はなし。

でも、パブリックアートギャラリーはなかなか良かった!!



ちょっと、余談。

ニュージーランド全土の博物館、美術館、アートギャラリーは、ほとんどが

入場料はタダ。というより

ドネイション制。つまり、寄付制。


大きな博物館になると、ドネイションといえども、必然的に5ドル要求してくるけど(それでも5ドル程度)

ほとんどは「お気持ちを入れてください」って感じ。



というわけで、お金を切り詰めたこの旅行中、数々の美術館、アートギャラリーにお世話になった・・・。

ほぼタダで楽しめた・・・。




さてさて、話は戻り・・・


まずはカドバリーのチョコレート工場見学!

土曜日だっから、平日のフルツアーではなく、45分っていうかなり

やっつけな工場見学になったけど



こんなからくり人形に出迎えられて

IMG_3232_convert_20090617171825.jpg


カドバリーチョコレート全種類制覇!!

IMG_3234_convert_20090618112905.jpg


巨大チョコレートの滝、なんかもあったけど

工場内は撮影禁止ってことで。


しかも、平日で工場が機能してれば、作ってる工程が見学できたらしい。



おみやげに、あまり売れてなさそうなチョコ達を頂き、次のポイントへ。




次のポイントとは・・・・


なんと!

ギネスに登録された


世界で一番急な坂っていうのがあるんです!!


その名も

ボールドウィン坂。
IMG_3247_convert_20090618113517.jpg
看板がばっちりあります!


でも、この場所、さも有名な観光地化と思ったら


そこに人はほとんどいない、

ただの住宅街。


バス停とかないし、本気で迷いそうだったし。



やっと発見した坂はこんな感じ!

IMG_3249_convert_20090618113745.jpg
迷うほど、誰もいねー!!


ギネスのくせに、ひっそりとしすぎだし!!



でも、登ってみると

意外と楽勝。

IMG_3253_convert_20090618114340.jpg

山の多い日本の方が、ぜってー坂なんてもっと急でしょー!!

言ったもん勝ちやな。


見て分かる通り、どしゃぶりで激寒ですた。




そして、次の日には


朝からビール工場見学へ



朝しか予約が取れなかったんだもん。


でも、ここは、カドバリーの手抜きさとは比にならないくらい


よく出来てる!!


もちろん、平日に来れれば、実際にビールを作ってる所が見れたらしいけど

どっちに来ても楽しめるじゃん♪的な完成度!



なんといっても、そこでの楽しみは・・・



ビールの試飲し放題!


代表的な6つのビールが飲み放題です!

IMG_3272_convert_20090618115004.jpg


私はビール好きだけど、黒ビールが苦手なので

アプリコットフレーバーなる、フルーツ味のビールを試飲。



これがうまい!!!


じゃあ、一番に・・・

IMG_3269_convert_20090618115303.jpg


飲んだれ。

IMG_3271_convert_20090618115328.jpg


それから、黒ビールで作ったアイス!

子供でも食べれるアイスだって。

IMG_3273_convert_20090618115707.jpg


これが、また激ウマ!

ほんのりビターなバニラアイス!



この時点で、まだ昼前というから驚き。

しかも、前日の大雨と寒さで、二人ともかなり体調を崩し始めていたのだった・・・・




次はダニーデン後編!
オタゴ半島の野生動物に会いに行くよ!



ブログランキングに参加中♪
旅行記を沢山の人に読んで欲しい!ので

↑↑↑クリックお願いします!




working holiday -南島旅行記- | trackback(0) | comment(2) |


2009/06/08 (Mon) 旅のおもひで 4 -Oamaru編-

やっと、ニュージーランドの旅行記に戻るよー!!

日にちが空きすぎちゃったんで、復習。


まず、オークランドから、首都ウエリントンへ。

参照→旅のおもひで① Wellington編

ウエリントンからフェリーに乗ってネルソンへ。

参照→旅のおもひで② Nelson,Abel Tasman National Park編

ネルソンから、カイコウラへ。

参照→旅のおもひで③ kaikoura編


あれ?全然進んでないし。

旅行記を書くのは大変なのよ!!


復習できましたか?


じゃあ、進みますよ!!






カイコウラからの惨劇から二日後

オアマルに到着。

123.jpg

ここは、1800年代の建物をそのまま残す町並み。

IMG_3204_convert_20090608182815.jpg

まるで映画のセットのようだ・・・

少し歩くと・・・

IMG_3201_convert_20090608182631.jpg
確か、本の製本をしてくれる所・・・だったかな。
昔風に。



IMG_3202_convert_20090608182725.jpg
古着屋さん。これが本当の古着!

IMG_3203_convert_20090608182749.jpg
こういうのを作ってる工房だった・・・。いや、ひっそりとしてたもんでね・・・・


一番のお気に入りは

IMG_3220_convert_20090608183350.jpg

そう!パン屋さん!!

IMG_3221_convert_20090608183421.jpg

焼きたてパンが並ぶ、素敵なお店!!


IMG_3222_convert_20090608183620.jpg

ディスプレーもお見事。

クロワッサンと、モーニンググローリーなるパンをゲット。


そして、バッパーから歩くこと数十分、ニュージーでは有名な

ホワイトストーンチーズファクトリーへ!

IMG_3196_convert_20090608184941.jpg


工場直売のチーズやチーズケーキが買えるのだ!

(チーズの一部は、どのスーパーでも買えたような・・・。)


私は呑んべぇなので、ブルーチーズが好き。

え?聞いてない。よね。


そして、オアマルのもう一つの魅力は


世界で一番小さい

ブルーペンギンに会うこと!



しっかし、ブルーペンギンのコロニーは

ぬけめなしの商業施設!!


地元人の

「その辺を歩いてるから、そんなところに金を出さなくても大丈夫」

という事言葉を信じて散歩するも・・・

IMG_3206_convert_20090608185603.jpg
ペンギンちゃんが巣に帰るときに、道路を横切るそうなのだよ!!

IMG_3209_convert_20090608185654.jpg
これは、イエローアイドペンギンじゃねーか!!

IMG_3213_convert_20090608185725.jpg
景色は文句なしのすばらしさ。眠りこけるアザラシちゃんに会えました。


標識もあるからドキドキしてたけど、一匹も会えず!!

なぜ?と地元人に問う。


「ユー達、残念だね。ペンギンが巣に帰るのは(道路わき)夜だよ。」


「ばか、知ってるし。まじ、知ってたし。(はんにゃ 金田風に。)


まんまとね。
そうだよね。
寝に帰るのは夜だよね。

意地でもコロニーにお金を出したくない私達は意気消沈してバッパーに帰宅。




しかーーーし、奇跡は起きます!!


なんと、泊まったバックパッカーの駐車場に、ブルーペンギンがやってくるとの事!!


半信半疑で、夜中の0時頃駐車場に。


待つこと15分。


小さい塊が、ひょこひょここっちに向かってくるー!!!



ひょこひょこ近づいては、一時停止。辺りを確認。ひょこひょこ再開。



きゃわいいー!!



カメラのフラッシュが苦手という事らしいので、かわいい姿は収められなかったのが残念だけど・・




私達が泊まったバッパーのサイトのトップに、車の下のブルーペンギンが載ってるからご覧あれ。

Empire Hotel Backpakers



次は ダニーデンに行くよ!
朝からビール工場見学!の巻き!

working holiday -南島旅行記- | trackback(0) | comment(0) |


<< back | TOP | next >>

* Profile *

maho

Author:maho

オンラインショップ
「Takara Gallery」
をオープン!
http://www.takara-garo.com/

Takara GalleryのBlogはこちら!
http://www.takara-garo.com/

世界中のアーティストと仕事をしてます!

このブログは個人用のブログなのに、ついつい仕事の事を書いてしまいますね~:P

*twitter*

* Takara Gallery Facebook*

* 最近の記事 *

* Monthly Archives*

* Category *

* Link *

このブログをリンクに追加する

* Trackback *

- Newzealand - - Gifu -

* Search *

* RSS *

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。